top of page

天の紅茶の原点は無人販売所から




天の紅茶を作り始めたのは、平成3年(1991年)からで、31年経ちました。それまでは緑茶一本でしたが、1980年頃から無農薬栽培のため、虫に食べられた葉は、見た目もイマイチでした。

紅茶を作り始めた当初も課題は山積。

試行錯誤して出来上がった紅茶の名は「天の紅茶」。

苗字が天野だったことが大きかったと思います。


そんな中、ポットと急須、湯呑みを置いて、気軽にお茶が飲める休憩スポット付きの無人販売所から、天の紅茶の販売をスタートしました。

たまに車で通る方がご購入くださり、そこから少しずつ広がりました。


閲覧数:234回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page